設備処分・移設.com

建設リサイクル法

トップページ > 選ばれるワケ > 建設リサイクル法

「解体工事 床面積80㎡以上」「新築・増築工事 床面積500㎡以上」「修繕・模様替工事(リフォーム工事)請負代金 1億円以上」「建築物以外の工作物工事(土木工事)請負代金 500万以上」の工事が、建設リサイクル法の対象となります。

 

施主(発注者)または自主施工者は、工事に着手する7日前までに、分別解体等の計画等を知事(または市長)に届け出なければなりません。また、元請業者から発注者への報告義務等があります。

 

建設廃棄物は主にコンクリート・鉄とコンクリートの混合物・木材・アスファルトで、大きな割合を占めており、これらを再資源化する事が義務付けられています。もちろん廃掃法にも従う必要があります。

※建設リサイクル法概要

ページの先頭へ