設備処分・移設.com

家電リサイクル法

トップページ > 選ばれるワケ > 家電リサイクル法

家電(エアコン・テレビ・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機)から、有用な資源を回収し廃棄物を減量する事を目的とした法律で平成13年4月に施行されました。それまでは半数以上が埋立になっており、有用資源未回収による損失・処理場のひっ迫・不適正処理など様々な問題がありました。

この法律が施行されたことにより小売業者・製造業者には上記品目のリサイクルの義務づけ、消費者には廃棄の際のリサイクル料金負担などが定められました。管理票(家電リサイクル券)制度が設けられ処理の確認をすることが出来ます。

産業廃棄物として処理する場合には、委託契約に従って処理するとともに、必要に応じてフロン類も処理しなければなりません。

ページの先頭へ