設備処分・移設.com

印紙税法

各契約書の締結時や領収書発行時などに遵守が必要となります。

契約書の写し、副本、謄本等であっても、契約の成立等を証明するものは課税文書に該当します。また契約当事者以外の者(監督官庁、融資銀行など)に提出する文書は課税文書に該当しません。

産業廃棄物処理に関する種類については、主に「収集運搬契約」は1号文書「処分契約」は2号文書となります。  

http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/inshi/pdf/1304.pdf

また2014年4月1日付の領収書から非課税対象が「5万円未満」となります。

http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/inshi/pdf/inshi-2504.pdf#search=’%E5%8D%B0%E7%B4%99%E7%A8%8E+%E9%A0%98%E5%8F%8E%E6%9B%B8′

ページの先頭へ