設備処分・移設.com

スタッフブログ

トップページ > スタッフブログ

社長コラム3

2015年1月17日 更新

約137億年前に起きたビックバンで宇宙は生まれ、その後宇宙は急膨張、その中から物質が誕生し、星々が生まれ、無数の銀河を形作りました。最初の爆発の勢いはいずれ衰え、万有引力によって宇宙は収縮に転じるかもしれない。10年ほど前までは多くの科学者はそう考えていました。しかし詳細な観測から宇宙の膨張の勢いはむしろ加速していることがわかってきました。宇宙には万有引力のほかに、謎の斥力(しりぞけ合う力)が働いているらしいです。科学者は斥力の源を「ダークエネルギー」と呼んでいます。

 宇宙の膨張が続くなら、太陽と地球の間や、太陽系のある天の川銀河とお隣のアンドロメダ銀河の間は広がっているのでしょうか。答えはノーです。万有引力は距離の二乗に反比例して弱くなります。非常に大きなスケールでは引力が弱く、斥力の効果で星々は互いに離れていきますが、近い距離では引力の強さが圧倒的です。境界はどのあたりでしょう。2000万光年より近い範囲では引力が支配的だそうです。2000万光年は人間にはとてつもない距離ですが、宇宙では短距離です。

 私たちの天の川銀河は大マゼラン雲などと、銀河の小集団を作っています。この小集団は2000個ほどの銀河からなる巨大な集団、乙女座超銀河団の端の方に位置しています。超銀河団は差し渡しが2億光年ほどあります。宇宙膨張により解体しつつありますが、私たちの小集団はコンパクトに固まっています。約230万光年向こうのアンドロメダ銀河は遠ざかっていません。仮に一千億年後に夜空を見上げたら、近くの銀河以外はすべて遠ざかって見えなくなり、星が少ないことに驚くでしょう。

 

 

明けましておめでとうございます

2015年1月11日 更新

新年、明けましておめでとうございます。

年末に、茨城県と福島県に行ってきました。

新幹線で熟睡し、東京駅で車内清掃の方に起こされました(´・ω・`)。ご迷惑を・・。

KIMG0348 KIMG0349

 

年始は、群馬県と静岡県に。一富士二鷹三なずび~。

富士山はいつ見ても良いものですね。さすが世界遺産!!

KIMG0352

 

PS;元スーパールーキーT島さん、30歳の誕生日おめでとうございます。

営業G武田

 

 

ホームランバー

2014年11月17日 更新

KIMG0321

ホームランバー「チーズケーキ味」・・・、ホ~ムラン\(^o^)/!!

営業G武田

 

 

怖い話と感動した話

2014年10月25日 更新

先日再開したはずの筋トレが7日坊主になっていました。恐ろしいことに人に指摘されるまで、そのことに気が付きませんでした(゜_゜>)コワ~

 

先日「綾瀬市青年会議所」主催のJAXA的川名誉教授の講演に行ってきました。「はやぶさ」の話を裏話を交えて講演して頂きました。世界初を8つ(?)も達成する奇跡の帰還と、それを成し遂げる執念に感動し日本人として誇りに思いました。的川先生の宇宙規模の視点を拝聴し、とても勉強になりました。

 

KIMG0300

 

最後に質問タイムがあり、幼稚園くらいの男の子が「どうしたら宇宙飛行士になれるの?」と質問、 

「キミくらいの歳でしなければならないことは勉強ではなく、いっぱい遊ぶことだよ。山や川、海に連れて行ってもらって、いっぱい遊んでください」 

と仰っていました。先生が言うと説得力が違います!

 

僕もいっぱい遊んだのにどこで道を間違えたのかな~

営業G武田

 

 

社長コラム2

2014年10月4日 更新

 のゴルフはまさに下手の横好きです。本格的に始めたのは45歳になってからでした。
その時思ったのは、年をとってから始めたので、上手くはならないだろう、そのかわりゴルフを楽しもうと思いました。
具体的にはいろいろなゴルフ場に行ってみる、多種多様なゴルフの出会いを楽しむことです。
これから話すのは今までで特に印象に残っている、あるゴルファーから聞いた話です。ゴルフを全くやらない人には理解、想像ができないかもしれませんが。

 

ゴルフ

 ゴルフ仲間と千葉県にある習志野カントリークラブに行きました。
3人だったので、1人同伴希望の方が入ってきました。その方(Aさん)は小田急線喜多見駅のそばにビルを所有し、年間約150ラウンドすると言っていました。うらやましい。

Aさんが出会ったたくさんのゴルファーの中で一番変わった人(Bさん)の話を聞きました。
この変人(Bさん)がティーショットした時、Aさんは、目が点になったそうです。

なんと!ティーアップしたボールから数メートル離れ、ドライバーを持ってすたすたと小走りにボールに近づきスイングし、ナイスショットしたそうです。(助走をつけてのナイスショット!)
次のアイアンも、同様に打ったそうです。さすがにグリーン上では、誰もがするように静止して打ちました。ラウンドが進むと、Aさんは、Bさんのボールがバンカーに入ることを願いました。
やがてBさんのボールが、バンカーに捕まりました。するとまさか、Bさんは小走り打法で打ったそうです。しかもBさんのスコアは、前半、後半どちらも40台でまわったそうです。 
 
 こういう面白い話に出会うこともゴルフの良いところではないでしょうか。

きれいな安定したフェード打ちのAさんは、2日後の宮崎でのゴルフに宅急便が間に合うかを心配しながら、私たちと別れました。

 

 

ページの先頭へ